貿易のエキスパートを目指す

原産地証明書

【読み方】
げんさんちしょうめいしょ
【英 語】
Certificate of Origin

原産地証明書(Certificate of Origin)とは、貿易取引される商品の国籍を証明する書類のことである。

日本から輸出する場合の証明書の発行者は、商工会議所、輸出国の税関、輸出組合・関連団体、輸出国に存在する輸入国領事館、物品の製造業者(メーカー)、信用状の受益者(Beneficiary)、輸出者自身等である。

尚、特恵関税(特定国の産品に対して適用される、普通よりも低率の関税)の適用を受けるためには、国際的に合意された原産地証明書の様式を用いる必要がある。
日本ではUNCTAD(国連貿易開発会議)での合意に基づく国際的に統一された様式「一般特恵制度原産地証明書様式A」(GPS(Generalized System of Preferences):Form A)の原産地証明書以外のものでは、特恵関税の適用は受けられない。